ブログ

JAKE INTERNATIONALのスタッフBLOGです。

メルセデスベンツ W203 フロントハブベアリング交換

走行中にうなり音が出るとの事で、お預かり致しました。

試運転を実施すると確かにかなりのうなり音。

これはうるさい・・・

せっかくエレガントな走行が可能なメルセデスですので、これではいけません。

早速リフトアップして点検します。

一番怪しいのは、やはりフロントハブ。

左右フロントハブのガタツキを確認すると、左右ともガタガタ。

このベアリングはプレロードの調整が必要なタイプですので、ガタツキ自体はプレロード調整を行えば、

ガタツキ自体は収まるかと思いますが、問題はガタツキがなぜ出てしまったのか?が重要です。

ご想像の通り、ベアリング及びベアリングレースの摩耗が原因です。

摩耗が進むと、この車両の様にうなり音がではじめます。

↑これがハブアッセンブリーです。

真ん中の丸いキャップを外すと

このような部品が出てきます。

この奥にベアリングがあるのですが、写真撮り忘れてしまいました💦

うなり音の原因はやはりベアリングで間違いなさそうです。

新品に交換です。

ベアリングレースも同時交換です。

ハブグリスをしっかり圧入して組み付けます。

プレロードを取り、ハブリングをロックします。

新品のキャップを取り付けて完成です。

 

試運転を実施して、音がしない事を確認した上でご納車です。

 

メルセデスらしい、静かな走行が出来るようになりました。

お車のことで何かお困りでしたらお気軽にお問い合わせください!

有限会社ジェイクインターナショナル

受付時間:9:00-20:00

skip_previous